人気商品●●Dで検索上位を狙う思考と実際の作業

人気商品で検索上位を狙う

おはようございます、吉田 和己です。今日はそば屋の定休日です。少しゆるりとメルマガの執筆開始しました。この時間が私にとってのオアシス。

このエントリでは、人気商品●●Dで検索上位を狙う過程と実際の作業について話してみます。

スポンサードリンク

人気商品●●Dで検索上位を狙う思考と実際の作業

人気商品●●Dを狙っていく

※●●Dにしているのはこのブログで検索されないようにするための配慮。下のほうのリンクでキーワードが分かるようになっています。別に隠すつもりではないです。

「●●D」というキーワードで上位表示を狙ってみようと思います。「●●D」と言えば楽天市場で一番売れている商品です。ほとんどの国民?が知っているアイテムです。

これだけの知名度・CM露出を考えれば検索が多いのは想像出来ますが検索上位を取るのはなかなか難しいです。

検索上位を取るのが難しい理由

簡単にいえば競合が多いということです。この競合が多い理由に、以前はA8ネットなどASPでアフィリエイト出来たということがあげられます。

要するに以前は「●●D」というキーワードは稼げたのだと思われます。今は、「楽天・アマゾン」のみアフィリエイト出来る状態で「そんなに稼げないキーワード・あまりおいしくないキーワード」となっていると想像しています。 ※あくまで私の推測です

検索上位を取るのが難しい理由は昔、時間・お金・労力をかけたブログやサイトが残っていて邪魔をしているということです。

なぜ、勝てないのか

私は育毛ブログを運営しているので・・・例えば「育毛」というキーワードで考えてみた場合、これは稼げるキーワードです。誰が考えても分かることですね。

こういう稼げるキーワードには大きな資本・労力・時間をかけて勝負してくるわけです。

具体的にはリンクを張るということですが、適切な質と量のバックリンクがあるのは当然としてそのバックリンクのバックリンクに良質なリンク付けをしているということです。

だから、普通にやったら敵わないということです。

●●Dを狙う理由

・上位表示ならアクセスが集まる

・ライバルが今は本気でリンク付けしていない

・アクセスがあれば稼げる

私が●●Dで上位表示を狙う理由は上の通りです。

ライバルとなる他のサイト・ブログが今は本気で作業していないということと・アドセンスを土台としているブログなのでアクセスがあれば稼げるからです。

あと、私自身が●●Dを使っているので愛着がある・記事が書きやすいというのも理由です。

キーワード

●●Dを狙うと言っても「●●D」単体のキーワードでは当然上位表示は無理です。

例えば・・・

・●●D+口コミ

・●●D+評判

・●●D+効果

ここら辺の複合キーワードで上位表示したいと考えています。

具体的に

正直、上のキーワードでも上位表示は難しいです。ですから、キーワードを広げていきます。CMやホームページを見るとたくさんのキーワードが落ちています。

具体的には

・●●D+8代目

・●●D+7代目

・●●D+アンファー

・●●D+EXILE

・●●D+TETSUYA

例えば、新CMキャラクターにEXILEのTETSUYAさんが起用されたのでそれをニュース記事にしたり・発売元のアンファーさんは知名度のある●●Dを使い「アンファー」という企業名のブランディングに力を入れていると推測できるので「●●D+アンファー」も意識して使っています。

上位表示させたいページにリンク(ランディングページ)

上のような方法を使いキーワードを増やしながら記事を重ねていきます。これらの記事から上位表示させたいページへどんどんリンクを送るようにしています。

スカルプDシャンプー(アンファー)口コミと評判

※上位表示させたいページでこれから内容を充実させていきます。

皆さんに役立つこと

上の事例を参考にすれば・・・普通に記事を書いてもアクセスは集まるし・狙ったページへのアクセスも増やせます。

要するに、ランディングページ(リスト取・販売)へユーザーを誘導することも出来るし・検索順位をあげてアクセスを集めることも出来ます。

ぜひ、ブログ運営に役立ててください。

無料レポートスタンド比較

メルマガを始めたら、無料レポートスタンドをうまく利用することは必須です。メルぞう・スゴワザ・無料情報ドットコムスゴワザ・激増の徹底比較ページ作りました。

メルぞう・スゴワザ・無料情報ドットコムスゴワザ・激増の徹底比較

私のメルマガでは、ブログテーマをメインに配信していますがメルマガリストビルディングも頑張っています。そのうちの一つがこれです。

メルぞう・Xamピックアップ広告を注文しました(読者増しサービス)

これから、メルマガにも役立つ情報をどんどん発信していきます。それでは、また。

吉田 和己


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る