資産ブログは「最も不労所得に近い」ビジネスモデルです

002

おはようございます、吉田 和己です。ネットビジネス・・・色々なアフィリエイト手法はありよく「不労所得」という言葉が使われます。

しかし、ほとんどの手法が不労所得とは縁遠い状態であり・常に売り上げを追いかけるスタイルです。その一方で、資産ブログは不労所得に最も近いと思うわけですが、その理由などをエントリします。

スポンサードリンク

キャッシュポイントの土台はアドセンス広告

私も色々なアフィリエイトをしてきてほとんど失敗してきました。その中でうまくいったのが、資産ブログの構築です。

資産ブログのキャッシュポイントの土台は「アドセンス」です。アドセンスは、クリックされるだけで報酬が発生するので初心者さんが成果をだす最もお薦めな手法であると思います。

時間が作れないサラリーマンだからこそお薦めな理由

アフィリエイトを始めた人のほとんどが副業だと思います。副業だからこそ、「今だけの利益」を追いかけずに生涯にわたって収益を作り続ける資産ブログを構築するべきだと思うわけです。

なぜなら、ほとんどのアフィリエイト手法は売り続けなければならなくいつまでたっても自由な時間と資産が同時に手に入らないからです。

このような角度から見ても、資産ブログはとても優れていると思うわけです。1度10万円の収入が入る仕組みが構築出来れば簡単なメンテナンスをすることで、継続的に収益を作り続けてくれます。

広告の選定についても、アドセンスが自動で挿入してくれます。他のアフィリエイトでは、広告の選定もしなければならないし・広告自体の「販売停止」もしょっちゅうあるわけです。副業の人にとっては、「ここ」結構きついです。

アドセンスは、報酬が少ないでしょ?

確かに、アドセンスのクリック報酬は「数十円~数百円」です。決して、急激に大きく稼げるわけではありませんが良質な記事が増えてくると収益が安定してきます。

資産ブログを運営していくと「このぐらいのアクセス数で、このぐらいの報酬が発生する」ということが分かってきます。

あとは、報酬額に見合うだけのアクセスを増やせばよいだけです。アクセスを増やすには、集客するための「入口」が必要になります。その入り口をどんどん増やせばよいだけです。※入口とは記事のこと

ブログが育てば、物・情報・サービスが売れていく

ブログのテーマに沿った記事を書き続けることでブログには見込み客が増えていきます。同じ属性の見込み客が集まることで、アドセンス広告の収益性が高くなるだけでなく物販商品・情報商材なども売れていくことになります。

更には、あなたが執筆した電子書籍も売れるだろうし・コンサルティングサービスやセミナーなども成功させることが出来ます。なぜなら、そこには見込み客やあなたのファンが既にいるからです。

好きなことに専念できる

例えば吉田の例で言えば、今まで構築してきた資産ブログ・・・「メインブログ・育毛ブログ・美容健康ブログ・ブログ構築ノウハウブログ」などは、ほとんど放置している状態です。※本来、放置してはだめですよ

それにもかかわらず、毎月の収益は安定して発生し続けています。そのおかげで、このメルマガの発行も出来ているというわけです。

通常なら、「1つ手を離すと収益が減ってしまう」ものです。自動化ができるネットビジネスでもその傾向は強く残ります。自分の時間を作るには「外注や人を雇う」ことが必須になるわけです。

こういう観点から見ても、資産ブログを構築するメリットは大きいと思うわけです。資産ブログを構築する方法は、こちらを参考にしてください。
アドセンス特集、5つのステージ

あなたの強み・好きなことが見つかります

吉田が資産ブログを構築してきて良かったと思う点はやりたいことが見つかったからです。人はなかなか自分が「何をしたいのか・どうなりたいのか」分からないものです。

ここで役立つのが「アウトプット」です。アウトプットすることで、「本当にやりたいこと・自分が何になりたいのか」見えてきます。しかも、そのやりたいことを資産ブログを構築しビジネスにも出来ます。

なぜ、そのようなことが言えるかというと、ビジネスで一番難しいとされる「集客」がブログでできてしまうからです。これは店舗ビジネスにも応用は出来ます。

店舗のお客様を集客しながら、広告収入も得ることが出来ます。しかも、その集客したノウハウを販売することも出来るし・コンサルサービスを行うことも出来てしまいます。

更には、本当に好きなことを見つけたらそれに全力をかけることが出来ます。なぜなら、今まで育てた資産ブログは「手をかけなくても」継続的に収益を作り続けてくれるからです。※出来るだけ更新はしたほうが良い

吉田 和己


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る