ワードプレスVSアメブロ、どちらが良いの?

ワードプレスVSアメブロ、どちらが良いの?2

こんばんは、吉田 和己です。いや~、この時期になるとさすがにそば屋も忙しいです。仕事から家に帰ってパソコン画面を見ているといつの間にか寝ています。

今現時点で、そば屋が本業という状態ではありますが・・・やっぱり、執筆が楽しいですし・ノマド生活もしたいし・・・もうすでに、最低レベルですがネットだけで食べていけるんだけど・・・

店舗をたたむにもお金がかかるわけです。独立起業する多くの人が「飲食店」を選ぶそうですが本当によく考え行動に移してほしいと思います。

スポンサードリンク

アメブロ

ワードプレスVSアメブロ、どちらが良いの?

よく有名起業家がアメブロを使ったりしています。「アメブロはいいよ」と聞いたり「アメブロは削除される」と聞いたり、アメブロはいいの?悪いの?そんな声も聞こえてきそうですね。

じゃあ実際にどうなのかという話ですが・・・アクセスを集めるならアメブロは圧倒的に有利だと言えます。アメーバ全体の会員数は2012年時点で2000万人を超え日本で第一位のブログサービスとなり、今でも成長を続けています。

アメーバサービスは、アメブロを始めとして

・アメーバピグ

・アメーバなう

・ピグライフ

・アメーバビジョン

など、アメブロ利用者がつながりやすくするサービスが満載で、アメーバサービスは滞在期間が長くなる工夫がうまくできています。

商用利用が禁止されている

いまどき、アメブログでアフィリエイトをしている人も少ないと思いますが、アメブロで直接アフィリエイトするのはNGです。アフィリエイトをしなければ大丈夫かと言えばなんとも言えません。

吉田自身、2012年の4月にアメブロの運営を開始しましたが確か6月頃に突然強制削除されました。当時、入塾していたところで「アメブロを推奨」していたので、アメブロでのリスト取をしていて削除されたのだと思われます。書きためた記事は資産なので本当にもったいないことをしました。

アクセスは圧倒的に集まる

アクセスは異常に集まりやすいし・とても反応がありコメントも付きやすいです。アメブロは、読者登録やぺタを利用することで比較的簡単にアクセスを集めることが出来ます。

私は積極的に読者登録やぺタを利用しませんでしたが、ワードプレスで培った経験があったので1000PVもすぐに達成しました。初心者の方がアクセスを最短で集めるならアメブロは最適だと思います。

アメブロの利用方法

なんだかんだ言ってもアメブロは確かに魅力があります。なぜなら、ビジネスで最も難しい集客が比較的簡単に出来るからです。だから「削除」されても、またアメブロを立ち上げる人がいるのだと思います。

ただ間違ってはいけないのが、アメブロをビジネスの軸にしてはいけないということ。軸となる「店舗・ウェブサイト・メルマガ・サービス」を持っていてそこに見込み客を集める為に使うべきだということです。

アメブロをビジネスの「軸」と考え行動に移した瞬間から、とても大きなリスクをしょい込むことになります。消されたら終わりなので気をつけていきましょう。

あとは、アクティブな人が集まってくるので、自己ブランディングやサービスのブランディングにも役立てることが出来ます。

アメブロの記事をバックアップすれば大丈夫?

今までためてきた記事はやっぱり財産です。その財産を守る為にバックアップすることは重要だと思います。でも、記事が残ればよいかというとそういうわけでもありません。

今までためてきた記事には、検索エンジンやブックマークから多くのアクセスが流れてきていたわけです。今まで積み上げてきたSEOが台無しになってしまいます。「バックアップすれば大丈夫」「ワードプレスにも記事を書けば大丈夫」

このようなことをよく聞きますが・・・全然大丈夫ではないので理解しておきましょう。

ワードプレス

TCD009・Dynamicテンプレート3

ワードプレスは、オープンソースのブログソフトウェアでサーバーを用意し・独自ドメインで運営することになります。

私はエックスサーバーを利用していますがエックスサーバーで最安値の契約をすると

・サーバー代、3カ月で4,000円弱

・ドメイン代、1年で1500円ぐらい

こんな感じになります。

アクセス

アメブロと比べたら、アクセスを集めるのはとても難しく感じるはずです。なぜなら、アクセスを集める「入口」が全くゼロの状態から始めるからです。

もちろん、有名人やもともと強い媒体・・・別のブログ・ツイッター・フェイスブックなどから誘導できれば別ですが、ほとんどの人がゼロに近い状態からの出発です。

この状態からアクセスを集めるのは初心者さんにはつらいものです。最初は「アクセスが集まらないもの」これを理解したうえでコツコツ記事を重ねることをお勧めしておきます。

100記事・3カ月続ける

「100記事ぐらい・3カ月続ける」忍耐強く・このぐらいの目安まで頑張ると徐々にアクセスが集まり始めます。

ここで気をつけてほしいのが、ただの日記を書いてもアクセスは集まらないということです。テーマを絞って、そのテーマに興味のある読者さんに役立つ情報・面白い情報を書くことが必要となります。

これが出来・継続的に更新を続けていくと「新規ユーザー→リピーター→ファン」と推移していき、ブログにアクセスが集まる土台が少しづつ出来てきます。

ビジネスの軸にすることが出来る

自分でサーバーをレンタルし・独自ドメインで運営するので、当然ブログ自体をビジネスの軸にすることが出来ます。

最初は、良質な記事を書くことに専念し・テーマの属性の合うユーザーが集まるようにしていきましょう。テーマを絞った記事を書くことで、あなたのブログには見込み客が増えていきます。

キャッシュポイント

最初に設置するキャッシュポイントは「アドセンス広告」がお薦めです。アドセンス広告は、自動で広告を選んでくれるので良質な記事を書くことに専念できます。

良質な記事を増やすことで、アクセスの入口が増えてきます。まずは、アクセスが集まる土台作りに重点を置きましょう。

結局、どちらがお薦めなの?

アメブロで強制削除されているのもありますが「ワードプレス」がお薦めです。ビジネスとしてブログ運営するなら、出来る限り自分で管理出来る状態にするべきです。

他人に自分の心臓を握られている状態でビジネスをするべきではありません。それを理解した上で、うまく利用するのであれば「アメブロ」もありです。

・ビジネスの軸で使うなら「断然ワードプレス」

・その上で、アメブロはうまく利用する

こんな感じが良いのではないでしょうか?

「じゃあ、吉田さんはどうしますか?」と言われたら・・・

私は、多分アメブロは今後も一生使いません。削除される可能性の高いブログサービスは御免です。

ワードプレスで、あり得ないぐらいにアクセスを集めるスキルを身に付けメルマガ読者さんにシェアしていこうと強く思っています。

今まで通り、検索エンジン経由からのアクセスを基軸にしソーシャルメディアをうまく利用したブログ運営をしていきます。※今の段階では、SNSをうまく使えていない。

もし、この記事が参考になれば幸いです。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る