ブログにアクセスを集める記事の書き方、必勝パターン「型」を作るコツ

ブログにアクセスを集める記事の書き方

メルマガ読者さんから、「広告から初報酬発生しました」このような嬉しい報告をもらっていますが・・・私もクリック型広告を張り付け初報酬が発生しました※この広告の初報酬という意味です。

最短で収益を生むメディアを育てるには「記事の書き方・記事の広げ方・アクセスの集め方」など、必勝パターンの「型」を作るべきと思います。私なりの型ですがもし共感できたら参考にしてみてください。

スポンサードリンク

アクセスと成果の関連性を考える

今回の初報酬ですが・・・2クリックで「84円」でした。たった84円ですが、ゼロとは全く違った意味であることだと私は理解しています。なぜなら、アクセス数に対して、●●クリックで○○円になるという情報を引き出すことで、今後の計画が立てられるからです。

これが分かれば、アクセス数に対してどのくらいの報酬になるか分かるので記事を増やし・アクセスが集まる入口を増やせばいいだけです。これを継続していけば、確実に目標へ近づいていけます。

必勝パターンを身につける

「吉田さん、そんなに簡単ではないですよ」

はい、確かに実際にやってみると簡単ではないです。でも、必勝パターンというか「型」を作ることで成果は出しやすくなりますので、少しまとめてみます。

・おすすめの記事構成
・アクセスが集まる傾向を知る
・アクセスの集まる記事を書く
・アクセスの集まる記事から関連記事を増やしていく
・ニーズを把握したうえで、骨太な記事を書いていく

記事構成

まずは、吉田がよく言っている画像を使って・お薦めの記事構成で、記事を書いていきます。最初はなじめないかもしれないけど・・・この通りに書いてみてください。
お薦めの記事構成・画像作成・広告配置が学べます

このお薦めの記事構成で、数日間・数週間・数か月続けていくとあなたなりの「型」が出来ます。私の美容健康ブログのライターさんを見てもらえれば分かりますが・・・基本、同じお薦めの記事構成で執筆しているのが分かります。

多分、多くの読者さんが「いい記事かいているな」と感じていると思いますが、型を決めることで良質な記事が書きやすくなります。
美容健康ブログのライターさんの記事一覧

アクセスが集まる傾向を知る

私は基本、骨太な記事を書きたいと思っています。良質な記事を書き続けることが結果的に「成果が出る」ということを知っているからです。ただし、どんなに良い記事を書いてもニーズがなければ見られることはありません。ここは重要なので理解しておいてくださいね。

例えば・・・

・育毛ブログでは、スカルプシャンプー
・美容ブログでは、カリスマ先生の美容健康法
・メインブログでは、テンプレート系
・ブログワールドでは、テンプレート・素材・ワードプレス

こんな感じです。

例えば育毛ブログなら「育毛」についての記事やアイテムの紹介がいいはずですが、ここでは「ライバル」となる他のサイトとのバランスというものも存在します。

誰が考えても分かることですが・・・「育毛」というのは稼ぎやすいキーワードです。でも、ライバルが強すぎてどんなに良い記事を書いてもアクセスが集まらないのです。こういう場合は、ニュース的な最新情報を発信すればアクセスを増やすことも出来ますが、育毛ネタだけで勝負は出来ないのです。ここは理解しておきましょうね。
※他のテーマでも同じようなケースは多々あります。

アクセスの集まる記事から関連記事を増やしていく

記事を書き続けていくと、必ず人気記事というものは出来るはずです。人気記事が出来たら・・・これはチャンスなので確実に生かしてください。

多くのブログユーザーさんがほしがっている情報なので、その周辺情報を集め・どんどん関連記事を増やしていきましょう。これが出来るようになると、アクセスがどんどん増えていきます。

私は常々、ブログを書くことはマーケティングをしていること。このようなことを言ってきました。ブログを書き続けることで、ブログユーザーさんのニーズが見えてきます。

あとは、記事を掘り下げていきつつ・少し広げる感じでいけば、今アクセスを集めるのに苦労している読者さんも展開が変わると思います。

アクセスを集めることは、集客するということです。ビジネスで一番難しく・最も重要なことは集客です。これが出来れば、ビジネスの成功を引き寄せることになります。

ニーズを把握したうえで、骨太な記事を書いていく

上の流れで、ブログユーザーさんのニーズがつかめアクセスが集まるようになったら、その関連記事を徹底して骨太な記事にしてください。作品と呼べるような記事にしてください。

同じテーマの記事が増えることでそのキーワードが強くなり検索順位もあがりアクセスが更に大きくなってきます。良質な関連記事が増えることで「信用」というものが生まれ・リピーターが増えるのもこのぐらいの時期からでしょうか?こうなると強いですよね。ここまで頑張っていきましょう。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る