ツイッターで成果を出す利用法、とても重要なポイントの話です

ツイッターで成果を出す利用法2

今日もブログネタで発行する予定でしたが・・・ツイッターネタから執筆開始したら筆が止まらなくなり長くなったので今日のメインコンテンツは、ツイッターにしました。

かなり興味深い内容だと思うので、頭の片隅にでも入れておいてください。ブログ運営する上でも確実に役立つ考え方です。

スポンサードリンク

ツイッターで成果を出す利用法

ツイッターで成果を出す利用法
吉田のツイッターアカウント

私自身、ツイッターを利用することで少しづつですが色々見えてきました。たくさんのツイッター利用者を見てきましたがほんと千差万別ですね。

人気のあるアカウントでも

・面白いつぶやきのもの
・テーマを絞ったつぶやきのもの
・美女だけを集めたつぶやき(画像)
・日常の何気ないことをつぶやいているもの

などなど、色々です。

私の場合は、「テーマを絞ったつぶやき」ここで攻めることにしました。このメルマガやブログと同じスタイルにするのが私にあっているようです。あと、先日も言った通り「自動化【bot】」を利用しているのでコンテンツをストックしていくという意味でも相性が良いと思います。

継続的にコンテンツを発信する(つぶやく)ことは最も重要なことなので、ブログを運営していて・ツイッターアカウントを持っている人は【bot】を利用することをお勧めします。
※これは賛否両論あると思います。

良質なコンテンツを継続的に発信する

ツイッターでフォロワーが継続的に増える仕組み

私が言いたいのは、スパムのような同じことを永遠とつぶやくことを言っているのではなく・良質なコンテンツを継続的に発信することが大事だと言っているのです。なんか情報商材などで、格言・名言集が反応が良いとか言っていますがブログテーマに沿って、フォロワーさんに役立つと思えることをつぶやけば良いのです。

定期的にブロガー活動していれば、コンテンツをつぶやきに変えればよいだけです。無理にわけのわからない格言・名言をつぶやく必要もないです。そういうテーマならもちろん良いし・本人が好きであればつぶやけば良いだけです。

ただ、好きでもなく・反応があるからという理由でつぶやくのは止めた方が良いです。多分続かないので時間の無駄です。※そんな私も以前は名言・格言をつぶやいていました。

私たちはブロガーなので、すでにコンテンツは持っているのです。ブログのコンテンツをつぶやきに変えれば、手間は最小限に抑えられるし・一生懸命執筆したブログコンテンツが一気に拡散される可能性も増えてきます。

小さな成果を出し・更に大きくする

「で、吉田さんは成果が出ているの?」と聞かれそうなので言いますが・・・ほぼ毎日「1リツイート」は一応ついています。正直成果は小さいですが、本格的に利用することにしたのはつい最近ですし・SNSは苦手だと公言してきたぐらいなので、私にしてはまあまあだと思っています。

あと、ブログ更新時につぶやいていますが、昨日は10名程度の方がツイッター経由でブログ訪問してくれています。この成果が大きいか・小さいか感じるのは人それぞれですが、少し想像してみて下さい。

・今後媒体が10倍・100倍になったらどうなってしまうのか?

・継続することで信用が10倍・100倍になったらどうなってしまうのか?

・ブログやメルマガの信用が大きくなったらツイッターアカウントはどうなってしまうのか?

・ブログやメルマガの媒体が10倍・100倍になったら?

それで・・・これらがかけ合わさったらどうなってしまうのでしょうか?なんか、とんでもないことが起こりそうな気がしませんか?

ツイッターの場合、ツール・【bot】を利用することで、10倍・100倍と継続的に媒体を大きくすることが本当に可能です。あとは、良質なコンテンツ(つぶやき)を発信するだけで良いのです。もちろん、出来る限りの工夫はして下さいね。

フェイスブックではなく・ツイッターの理由

吉田自身、SNSが苦手だと公言してきました。
フェイスブックではなく・今さらツイッター?という声も聞こえそうです。フェイスブック・ツイッター、どちらが良いということではなく・今の環境内では、ツイッターを優先することにした、ということです。

これからツイッターでも成果が出てくると予想できますので、共感できる読者さんは、ツイッターを育てる準備をしておいてほしいと思います。せめて、ブログ更新時にはつぶやいて下さいね。

まあ、まずはブログを継続的に育てていきましょう。ブログコンテンツが構築出来れば、メルマガでも・ツイッターでも・・・多分、フェイスブックでも成果は出せると思いますよ。

それでは、本日もブロガー活動楽しんでいきましょう。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る