ツイッター「フォローマティック・MAKEBOT」を利用しフォロワーが継続的に増え続ける仕組み作り

「ツール・bot」でフォロワーが増える仕組み

ツイッターは、ここ数年放置してきたわけですが・・・数ヶ月前から本格的に育て始め「うまくいった経験・うまくいかなかった経験」をすることで少しづつ見えてきたことがあります。

SNSというえば「バイラルを起こすツール・コミュニケーションツール」として利用されていますが、ある一部の有名人・ある一部の業界でしかうまく利用できていないように思います。

私自身もうまく使えていないカテゴリの人間ですが・・・副業ブロガーとしてようやっと成果が出る仕組みが構築出来たので、頭の整理を兼ねて情報をシェアします。

スポンサードリンク

ツイッターの利用目的

ツイッターを利用する目的

1)メルマガ読者さんを増やす為
2)ブログ記事の拡散の為
3)ツイッター自体を広告媒体とする為
4)コミュニケーションツールとして利用する為

そもそも、ツイッターを利用するにも「着地点はどこにするのか?」考える必要があると思います。
私の場合、ライフスタイルブロガーとして「メルマガを利用している」ので、読者さんを増やす為にも利用するという着地点を考えています。

1)メルマガ読者さんを増やす為

メルマガ読者さんを集めるにはとても経費がかかるし・経費をかけずにやるには時間もかかるし難しいとされています。今は、「1アドレス500円どころか1000円以上」というのがざらな状態になっています。
それほど、メルマガ読者さんを集めるのは経費がかかるし・難しいとされています。

関連記事→メルマガ読者さんが増え続けるリスト収集の仕組み

ツイッター単独でリストをすべて収集することはできませんが・・・媒体を大きくしながらリスト収集の仕組みを大きくすることは可能です。

「フォロワーさんの一部 → ブログに訪問 → メルマガ読者さんになる」

この流れを構築するには、継続的にフォロワーさんが増え続ける仕組みが必要となります。ブログやメルマガにも魅力的なコンテンツが必要となるのは言うまでもないですよね。

2)ブログ記事の拡散の為

有名ブロガーと言われる人などは、とてつもなく拡散能力が高いですよね。彼らのブログやツイッターを覗くと、良質なブログ記事や役立つ(面白い)ツイートが目に付きます。あと、忘れてはいけないのが「継続」していることです。

良質なコンテンツを継続的に発信しているから成果が出ているし・それが鉄板な方法だということを本人たちは良く知っているのだと思います。結局、成果を出すには継続力が必要不可欠ということです。創意工夫していけば必ずコンテンツの質も上がるので、しっかり継続して拡散する力を身に付けましょう。

3)ツイッター自体を広告媒体とする為

つぶやきすべてにアフィリエイトリンクをはるということではなく、「広告枠として利用させてほしい」こう言われるような媒体力がついたら良いですよね。

これが実際に可能かどうかは不明ですが・・・拡散力×フォロワー数、つまり媒体力が大きくなれば可能と考えています。もちろん、自社商品ページ・アフィリエイトページにアクセスを送れば収益向上にもつながだろうし強力な武器になります。

ただし、冒頭でも話した通り「アフィリエイトリンクばかり」つぶやくのは止めておきましょう。

4)コミュニケーションツールとして利用する為

アフィリエイター系の人たちよりもWEBデザイナー・エンジニア系の人たちの方がうまく利用できているように感じています。

そもそも、お互いのつぶやきを「リツイート」したり「はてブ」をつける文化というか習慣を持っていることから一気に拡散出来たり・一気に有名になってしまう人も多いように感じています。

非WEB系のブログテーマの場合、中々拡散されるのは難しいと思いますが・・・やはり、コミュニケーションを楽しみむことがアカウントを育てることになり・ブログ記事をたくさんの人に見てもらう秘訣でもあると思います。

1日20~30フォロワー増え続ける仕組み

1)ツールを利用しフォロワーを増やす
2)自動でフォロー返しをする
3)【bot】を利用し継続的にコンテンツを発信する
4)リアルタイムでつぶやく
5)フォロワーさんとコミュニケーションをとる

私はツール系を利用しないタイプですが・・・ツイッターに関しては積極的に利用しています。これは賛否両論あるかと思いますが、副業ブロガーで継続的にコンテンツを発信するには必要不可欠と考えています。では、どのような仕組みを構築しているのかシェアします。

1)ツールを利用しフォロワーを増やす

これは、賛否両論あると思いますがツールを利用し・ある程度属性を絞った人をフォローしていきます。ツイッターの場合、フォローするとフォローされる性質があるので読者さんが増え続ける大枠が出来ることになります。

ただし、ツールに頼るだけでは生きた媒体にはならないので1)~5)をすることで反応のあるアカウントを作っていきます。なお、私が利用しているツールはフォローマティックというものです。

フォローマティック公式サイト

2)自動でフォロー返しをする

理想となるフォロー返しとは、人を見て判断し決めるのが良いと思います。自分が興味ある人・良質な情報を常に発信している人を選別しフォロー返しをするのが理想でしょう。

ここも賛否両論分かれますが・・・私の場合は、「母数」も大事だと考えているのでツールに任せ「自動フォロー返し」するようにしています。「MAKEBOT」というサービスを利用しています。

※無料で利用できます。

MAKEBOT公式サイト

3)【bot】を利用し継続的にコンテンツを発信する

・8時間ごとにつぶやく
・1日2個以上のコンテンツを増やしていく
・夜間はつぶやかない
・365日分コンテンツを用意する
・基本、アフィリエイトは行わない

この設定がしっかりできるようなら、同じつぶやきを繰り返さないので良質なコンテンツであればフォロワーさんに役立つと思うわけです。(コンテンツは今増やしている最中です)

「格言集」はつぶやきでも人気の部類ですが・・・格言集の代わりに「あなたのブログテーマで役立つコンテンツを用意」すれば、立派なWEBメディアになると思うわけです。

ストックしたコンテンツは、【bot】の定期つぶやき一覧で確認出来るので、その時期・時代のニーズに合わせ書き直せば良い情報を常に発信することが出来ます。

※これも上で紹介している「MAKEBOT」で出来ます。

4)リアルタイムでつぶやく

生きた媒体にする為にも・楽しむ為にも・アウトプットする為にもリアルタイムでつぶやきましょう。
リアルタイムでつぶやくことで、【bot】を利用しつつもバランスが取れた媒体になると思います。

5)フォロワーさんとコミュニケーションをとる

ツイッターアカウントを育てるには、やっぱり人とのコミュニケーションが重要です。通常、WEBメディアの媒体力で付き合う人というのは決まりがちですが・・・(勝手な思い込み?)

ツイッターに関しては、超初心者さんでも上級のブロガーさん・アフィリエイターさんと絡むことが比較的簡単にできます。芸能人は別として、ある程度有名な人と絡めたりするのも魅力の一つです。
その業界で成果を出している人のつぶやきや活動をみて参考にするのも良いですね。

良いつぶやきには積極的に「リツイート」をしてみるのも良いと思います。
その中から必ず気にかけてくれる人が現れます。
それを、1人・2人・3人・・・10人・・・と増やしていけば、いずれ拡散力のあるアカウントに育つのではないでしょうか?

当然、時間とともにブログも大きく育っていくので成果が出る仕組みもそれに伴い大きくなるはずです。
ブロガー活動する上で、SNS・ブログ・(メルマガ)の連動は必要不可欠です。
ぜひ、継続的につぶやき・しっかり育てていきましょう。

まとめ

この仕組みを構築することのメリット

・フォロワーさんが継続的に増え続ける仕組みが出来る
・母数が増えれば当然、ブログへの訪問者も増える
・継続的につぶやく為、信用が生まれる(コンテンツがあるのが前提)
・結果的に拡散力がつくことになる

通常、ツール類を使わない吉田ですが・・・ツイッターに関してはツールを利用しています。
これには賛否両論あると思うし・「フォロワーさんが多ければ良いわけではない」ことも理解しています。

有名ブロガーさんのような「美しい」使い方ではないかもしれませんが・・・この仕組みを構築すれば「確実に成果は出る」はずです。

今現在、徐々にですが・・・ツイッターからブログ訪問者さんが増え・その一部の方がメルマガ登録もされています。ブログへの訪問は1日数名程度・メルマガ登録は数日間で1~2名・・・こんな感じです。
「ブログ記事を拡散する」というのはまだまだ先の話です。

でも、この仕組みを構築したことで「ゼロ→1」になっているのです。
私はブログやメルマガを育ててきた経験からこれが重要だということを知っています。
あとは、その仕組みを大きくすれば・当然成果も大きくなります。

・10000フォロワーになったらどうなってしまうのか?
・20000フォロワーになったらどうなってしまうのか?
・50000フォロワーなら?
・100000フォロワーなら?
・更にブログ育ったらどうなるの?
・さらにメルマガが育ったらどうなるの?

考えただけでワクワクしてしまいます。
この仕組みを構築し・小さな成果を楽しめれば確実にアカウントは育つはずです。
ぜひ、共感できたら試して下さいね。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る