メルマガ8000部達成、ワイメールの素晴らしさと・吉田のリスト収集方法です

メルマガ部数・8000部達成、リスト収集方法4

先日、メルマガの部数が8000部を超えました。さほど大きな部数でもありませんが・・・部数が大きくなるにつれ・成果というのも大きくなっています。

本日は、メルマガ8000部達成のご報告と・お薦めのメルマガ配信スタンド・吉田が行っているリスト収集方法についてシェアします。もし、共感できたら参考にして下さい。

スポンサードリンク

メルマガ8000部達成

メルマガ部数・8000部達成、リスト収集方法2

私が発行しているメールマガジンは、「資産ブログを構築する」をテーマにほぼ毎日発行しています。メルマガを購読して、「数万円~数十万円稼げるようになった」という読者さんからのご報告を複数頂いています。

まあ、私が推奨する方法で急に数十万稼げるようにはならないので・このご報告をしてくれた読者さんに限っては、もともとパワーのあるブログに効果的な広告配置・効果的なブログ記事にした結果なので、私の情報が引き金になったのでしょうね。

ただ、このスキルを身につければ・他のネットビジネスとも相性が良いので、数年間しっかりブログ記事を書き・構築すれば、一気に飛躍することが出来ると言えます。

メルマガをテーマのエントリなのに・・・なんだかブログの話をしていますが、上の画像でも分かる通り・8000部達成することが出来ました。読者のみなさん、本当に感謝です。

8000部を達成して成果が大きくなっています

メルマガ部数・8000部達成、リスト収集方法

私の場合、メルマガを発行していると言っても・情報商材のアフィリエイトはしていないのでさほど大きな成果を出しているわけでもありません。それでも、部数が大きくなるにつれ・徐々にですが成果も大きくなってきました。

・アフィリエイトランキングに入り、初めて「景品」を頂いた
・1回のメルマガ発行で100ダウンリストを達成
・1日の報酬、初めて四万円超え達成 ※ブログと合わせてです

やっぱり、初めてのことは何でもうれしいですね。特にうれしかったのは、某アフィリセンターのランキングの景品をゲットできたことです。焼豚を頂くことになりました。

あと、私のメルマガの場合・メルマガを発行するたびに読者さんが増える仕組みを構築していますが・・・そのダウンロード数が1回の配信で100を超えることが出来ました。これは、今までなかったことなので時間の経過とともにどんどんパワーがついてきている感じです。

ワイメール(メルマガ配信スタンド)はお薦めです

メルマガ部数・8000部達成、リスト収集方法3

私も色々メルマガ配信スタンドを試してきましたが・・・圧倒的に届き・トラブルがないスタンドと言えば「ワイメール」と、自信を持って言えます。

ワイメールに乗り換え・ほぼ毎日メルマガを発行していますが、1度もトラブルが起きたことがないです。今までの経験からトラブルが全くないというのは「絶対にあり得ない」ことでした。

ある程度メルマガを発行している人なら・この意味が分かると思います。
メルマガ配信スタンドって、「届かない・トラブルがしょっちゅう発生する」これが普通ですから。
ワイメールに関しては、こちらに記事にしているので参考にして下さい。

ワイメール特集記事

リスト収集方法

・メルマガを発行し読者さんを増やす
・ブログから読者さんを増やす
・一部広告を利用する

メルマガ読者さんから、「どのように読者さんを増やしているのか?」良く聞かれます。
私の場合、有名起業家やスーパーアフィリエイターさんのような大きな広告費を使い・一瞬でリストを増やすという方法は使っていません。

基本的に弱者の連略で・・・昔ながらのリスト収集法に・一部ツイッターから誘導しているだけです。
やり方は地味ですし・急激に媒体は大きくなりませんが・・・
おそらく、1年後ぐらいには「結構凄いことになっている」と思います。
ちょっとしたランキングであれば・上位に入っているのでは?と予想しています。

吉田のリスト収集法

最後に・・・

メルマガ読者さんのおかげで「8000部達成」することが出来ました。とても良い読者さんに恵まれているから達成することが出来たと思っています。

次は、9000部・10000部・・・どんどん媒体を大きくしていきます。
複数の媒体を日々運営していることでたくさんの気付き・ノウハウがどんどんたまってきます。

メルマガ読者さんには、無料ではあり得ないような情報をシェアしていきますので・今後とも、お付き合いしてもらえればと思います。本当に、ありがとうございました。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る