WordPressブログでアクセスを集める本質とは?記事の量×記事の質、たったこれだけです

Wordpressブログでアクセスを集める本質

資産ブログで中々成果が出ない読者さんもいると思うので、本日は資産ブログでアクセスを集める本質について話してみます。

アクセスアップのためのツール・ノウハウを追いかけるより、ここを突き詰めた方がはるかに成果が出しやすいです。これを突き詰めれば「誰でも成果が出せます」もし、共感できたら参考にして下さい。

スポンサードリンク

資産ブログの構築は進んでいますか?(本テーマの前に)

2014年も1ヶ月経ってしまいましたね。少しづつ、資産ブログの構築は進んでいますでしょうか?

資産ブログは、最初中々成果が大きくならないのが特徴ですがある程度の成果が出ると
その収益は安定する傾向にあります。その安定した収益を土台に積み上がってくるので
収益が大きくなればなるほど・そのスピードは加速されます。

まずは、じっくり・しっかりと作業を進めて下さいね。

「記事の量×記事の質」ブログで絶対成果が出る本質

資産ブログの型プレゼント

WordPressお薦めテンプレート

資産ブログの型が身について・良質な記事を書く癖が出来てしまえば、ほぼほぼ資産ブログで成果を出すことが出来ます。「頑張っているけど成果が出ないですよ~」と思う読者さんもいるかもですが

根本的に記事の質と記事の量が足らないからです。細かいテクニック以前に、集中が足りないのです。

ネットビジネスで月5000円稼げるのは全体の5%だというけど・・・

この細かい数値は正直分かりませんが・・・1つの目安としては分かりやすいです。
では、この全体の5%ってどんな人かって話ですよね。

吉田自身、5年以上もの間「月5000円も稼げなかったツワモノ?」ですが
月5000円をクリアしている人は「続けた人」ということですね。
さすがに、1つのことに集中していればここは簡単にクリアできるはずです。
※5年以上も稼げなかった私が言うのもアレですが・・・

例えば、ブログで月3万円を超えるには?

おそらく、1つの手法で・集中して・継続していけば誰でも月5千円は超えるはずです。
では、月3万円を超えるにはどうすれば良いかという話です。

ここの数値も、集中して・継続すれば確実にクリアできる数値と考えます。
もう少し分かりやすくいうと・・・3万円稼ぐには、「3万円稼ぐ為の記事の量×記事の質」が必要であり、月3万円のステージにのる必要があります。

月3万円という目標があり・月3万円稼げないのは、月3万円稼ぐために必要なステージにのっていないということ。つまり、そのステージに必要な「記事の量×記事の質」が足りないだけなのです。

ブログで月6万を超えるには?

これも同じです。月6万稼ぐ為のステージにのれば良いだけです。1ヵ月3万円以上稼げるようになれば必要なスキルは身についているはずです。
あとは、「記事の量×記事の質」が目標のステージに達すれば必然的にその目標は達成できるのです。

「記事の量×記事の質」の目安とは?

ブログオーナーさんが今現在出来る範囲を超えるレベルで記事の質を高めながら・更新頻度を高めるしかないです。その作業の中から目安が見えてくるし・自分の限界を超えるレベルで活動することで、スキルアップもしていきます。

ほとんどの場合、継続と集中が足りないだけ

もし、1年以上継続して成果が出ていないのであれば1つのブログに集中した方が効率良いです。
1つのブログで成功体験できなければ「いつまでたっても成果が出ない」
このような状態に陥る可能性が高くなります。

先程の「月5000円稼げるのは全体の5%」ここから漏れることになります。

「記事の量×記事の質」を突き詰めれば成果は出ます

特に、アドセンスを軸にする資産ブログの場合「記事の量×記事の質」を突き詰めれば成果は出ます。
なぜなら、量を高めることで集客の入口が増え続けるし・質を高めることで、ブログユーザーさんの信頼を得られるからです。

信頼が得られるブログであれば、ページビュー・滞在時間の伸び・各ブログからの被リンクも増える傾向にあるため失敗する理由がないのです。

ここら辺が「資産ブログで成果を出す本質である」私はこのように考えています。

その先に、色々なノウハウが蓄積し最短最速で成果を出すコツを知ることになり「どのブログテーマでも成果が出る」このようになるのです。

ここに、人・物・金を使ったレバレッジをかければ・それこそ、不労収入に近い状態にすることも可能だと考えます。

まあ、難しいことを考えずに「記事の質×記事の量」を突き詰めて下さい。必ず、結果は付いてくるし・その先においしい未来が見えてきます。

2014年2月に入りました。しっかり、ブロガー活動し結果を出していきましょう。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る