料理ブログで1記事1049アクセス集めた具体的な行動・ヒントを一部始終公開中

レシピブログ・アクセス爆発4

資産ブログの可能性や素晴らしさ(本テーマの前に)

ちょっと、この動画は多くの読者さんに見てほしいです。テーマは、「ブログのテーマをしぼる理由」ですが・・・テーマを絞るメリット・広告的メリット・懸念すべきこと・「資産ブログの可能性」についても話してみました。

特に資産ブログの可能性の部分については、本当の資産ブログの魅力について語っています。
「資産ブログを育てきる理由・原動力」にもなりうる話なのでチェックしてみて下さい。

レシピブログでアクセスUPのヒント

レシピブログ・アクセス爆発2

検索エンジンは、それぞれのサイト・ブログの相対評価をします。正直、私達後発組には記事ボリューム・内容ともに不利な状況です。

ただし、資産ブログの型で記事を積み上げればそれなりの成果も出るし時間の経過とともに有利に働くはず、と考えています。でもね、下のような展開も加えれば比較的早く勝負が出来ます。

40レシピの例

先日のメルマガで、レシピブログは育っていないけど「ギャル曽根ちゃん・ボンビーガール(テレビ番組)」の話題があるとアクセスが跳ね上がると言いました。

先日予告した通り・昨日のボンビーガールでアクセスが跳ね上がりました。
アクセスが集まった記事はこちらです。
40マガジン・ボンビーレシピ記事です

ギャル曽根ちゃんは出演していない

ボンビーガールが放送中仕事場にいたので視聴していないのですが・・・たしか、ギャル曽根ちゃんは出演されていないと思います。それでも、いつもの倍のアクセスが集まっていました。

つまり、「ボンビーガール レシピ」こんな感じのキーワード検索で結構アクセスが集まっていたわけです。おそらく、もっとキーワードマッチしていたらかなりアクセスは集まっていたのでは?と予想できます。

アクセスを集めるための具体的な行動

美容ブログでもギャル曽根ちゃんレシピは記事にしています。
だから、美容ブログライター「じゅんTAさん」にボンビーガールのレシピ記事を書く依頼をしました。

レシピブログでは、レシピライター「凛音さん」に、ボンビーガールのレシピ記事の「特集」を組んでもらうよう依頼しました。※ここでの特集とは、今までのレシピを記事にしてもらうということ
(こちらは、実際に料理を作るので出来る範囲でということ)

短期的・中長期的アクセスも期待出来る

ボンビーガール自体人気があるし・格安レシピも人気がある。番組内でてくる「番組名・価格・材料・レシピ名・有名人の名前」ここら辺のキーワード検索も増えるし・中期的に考えてもアクセスが来るはず。

更に言えば、番組が放送されるたびにアクセスも跳ね上がるし・ギャル曽根ちゃん関係からもちょくちょくアクセスが入ってくる上、ギャル曽根ちゃんがこの番組に登場したら「超爆発」するはず。

しかも、記事自体は良質なので・ユーザーさんにとっても悪くないと思う。
※ずれは生じてしまいますが・・・もちろん、過去記事のニーズにはマッチする。

こう考えると・・・結構、おいしいと思いませんか?

あなたのブログテーマで生かして下さい

もちろん、自分オリジナルの記事で積み上げても良いです。ただ、このような発想でつなぎ合わせていけば「今まで見たことのないようなアクセスが集まる」ものです。

そして、そのような経験をすることで「アクセスが集まる感覚」も掴めるのです。
「ユーザーさんがどのように行動するのか・反応するのか」
見えるようになります。共感できたら参考にして下さいね。

なお、上で紹介した動画は資産ブログ構築する上でとても参考になるし・育てる意義というものも感じてもらえると思います。お互い、楽しみながら資産ブログを構築していきましょう。

追記:実際にアクセスが跳ね上がった証拠

レシピブログ・アクセス爆発3

上記の記事は、2014年年2月19日朝のメルマガです。
この追記は、2014年2月19日 20:45に執筆しています。

このアクセス解析が正確かは不明ですが・・・現時点で1049アクセスです。
私は、「トレンドブログを作れ」と言っているのではなく、ユーザーさんの行動心理を意識した方が良いということが言いたいわけです。

これだけ具体的な内容を言うのは私にとって何のメリットもないです。
ただ、「どんな思考で・どんな行動をとり・どんな結果を得ている」のかシェアしたいわけです。
※以前の私自身が最も知りたかったことです

この中にたくさんのヒントが隠れています。
ぜひ、あなたのブログテーマに合わせ参考にしてもらえればと思います。


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る