アドセンス広告収入を軸にしアフィリエイト収益も得られる資産ブログ

アドセンス広告収入を軸する

私は、ブログで情報発信をし・そこに人が集まることで広告収入を得る資産ブログを複数運営しています。複数のブログ&メルマガともに「物を売らない媒体」という形で収益モデルを構築していますが・・・つい最近、資産ブログで商品がちょくちょく売れています。

今まで、資産ブログは商品を販売する(アフィリエイト)するにはあまり合わない媒体と考えていましたが、「実は両方向いている」のではないかと感じているのでシェアします。

スポンサードリンク

WordPressテーマTCD013について読者さんからのご質問

WordPressテーマ TCD013 (Gorgeous)比較

「TCD013はどんなテンプレートですか?」ザックリしすぎて答えるのが難しかったのですが私の印象ではこんな感じです。一言で「スケールが大きい・無限大の可能性を秘めている」です。

WEBデザインのスキルがある人や企業が運営するなら別ですがここまでのスケール感で個人がブログ運営することはできないです。私のブログワールドのトップページを見てもらえば分かりますがここまで洗礼されたブログテンプレートは中々ないですよね。
ブログワールドトップページ

このブログは、「資産ブログを構築する」がテーマなので、私が大好きで・絶対必要なツール「ワードプレス・TCDテンプレート」この2つを全面的に露出しています。

・スタイリッシュなコンテンツスライダー(お薦め記事)
・右サイドバーのピックアップ枠
・中央の最新記事一覧
・中央の特集記事一覧(TCDテンプレート)
・中央の特集記事一覧(ワードプレス)
・3つの広告スペース→うまく使えていない
・重厚でスタイリッシュなフッター→うまく使えていない

私はただ単にテンプレートを入れ替えただけなのにかなり専門性が高いブログにみえます。

中央の特集記事一覧について

中央の記事一覧の「TCDテンプレートとワードプレス」に関しては、カテゴリーを登録することで簡単に表示できます。つまり、専門性の高いブログを構築するならカテゴリーを意識して構築すると専門性が高くなりブランディングにも役立ち・収益にも直結するようになります。

更に言えば、このテンプレートを使うと自然と専門性の高いブログ構築も出来るし・その重要性も学ぶことが出来ます。この部分は、非常に重要に感じています。

TCD013についてまとめると冒頭でも言っているように
「スケールが大きい・無限大の可能性を秘めている」テンプレートです。
TCD013についてまとめた記事

昨日は4つ商品が売れました

私の媒体の収益の軸は、アドセンスなどの広告収入で「物を売らない」収益モデルです。
でもね、ここにきて商品を売る戦略も取り入れるようにしています。

そもそも、アドセンスを軸にした資産ブログと「相性が良くない」と思ってきましたが・・・以外にマッチングしているように感じています。ここにきてちょくちょく売れるようになってきて、昨日は4つ商品が売れました。

あくまでも、コンテンツ重視です

私の中では、資産ブログが個人で運営するには最強だと思っています。月数十万レベルであればアドセンスだけでも十分稼げますし・そもそも「コンテンツを積み上げるスタイル」が理想的です。

コンテンツを提供することで人が集まり
「人が集まるから広告収入が発生する」この順番が私は好きです。

同じアプローチでも商品は売れる

資産ブログでも人によってスタイルは違うと思いますが、私の中では
「自分を押し出すレビューブログ」が強いと感じています。

自分自身の経験を「ブロガーとしてのフィルター」を通し
記事にするのが情報の価値を高めるし・他との違いをもたらすからです。
正直、個人で運営するなら「これしかない?」です。

自分が経験すれば物は売れる

そもそも自分の経験をもとにブログ記事を書いているので、自分が良いと思っている商品が売れても不思議ではないです。

そのブログからの情報を得るために訪問されているので関連商品があれば売れるだろうし・著者が良いと言えば「比較的簡単に売れてもおかしくはない」わけです。

ライティングも必要ないかも?

ここでは、「ライティングが必要ではない」という意味ではなく・普段から信頼関係を構築しているブログなら、うまいライティングでなくとも「売れてしまう」ということです。

普段から継続的に情報を発信し・ユーザーさんに役立つ情報を発信すれば
その属性のユーザーさんというのはどんどん増えていきます。

属性があっていて・あなたのファンになっていれば「本当に欲しいもので・良いものなら」
紹介すれば売れてしまうのです。

まあ、まずはブログを継続し「人が集まる場所」を作ってください。そうすれば、アドセンスでも稼げますし・商品も売れるようになります。商品販売についての詳細は、時期が来たらお話します。
※人が集まる場所を作れば物は売れます


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る